News(玉岡かおる公式サイト)

最新刊「花になるらん 明治おんな繁盛記」
京都の呉服商「高倉屋」のご寮人さん・みやび。女だてらに積極的に商売を拡げ、動乱の幕末から明治を生き抜いた女性の波瀾の人生を描く大河長篇。

登大路ホテルサイト:奈良の四季をエッセーで綴る連載

「天平の女帝 孝謙称徳」を執筆中に、すっかりファンになった奈良・登大路ホテル。
 ホームページで、奈良の四季をエッセーで綴る連載が始まりました。

https://noborioji.com/enjoy/essay/essay1.html





posted by 管理人 at 17:55 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ウエディングドレス』出版記念ランチパーティー

6月23日に出版される新刊「ウエディングドレス」の出版記念ランチパーティーが玉岡かおるの友人によって開かれます。オープン企画として玉岡の読者、ファンの方の参加も歓迎とのことですので、ふるってご参加ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『玉岡かおるさん出版記念パーティー(6月26日・日)』のお知らせです。

23日に販売が始まる玉岡かおるさんの「ウェディングドレス」

ウェディングの街神戸にて出版秘話含む楽しいお話を誰より早く聞きませんか?
費用の中に、新刊代(サイン入り)が入っています。

場所:ブラインカフェ
   神戸市中央区山本通1丁目7-21
   北野水木シルクビル地下
   (北野坂ダルビッシュ記念館の上)
   http://www.kobe-nc.jp/

開催日:6月26日(日)
受付開始:11時〜
開始:11時半〜
講演:12時15分〜13時45分

参加費 7000円
新刊 「ウエディングドレス」サイン入り贈呈
ランチ (乾杯+ワンドリンク付)

※終了しました。


ウエディングドレス

内容紹介
結婚式を変えた女たち
生い立ちも性格も体つきも対照的な女子高の同級生、玖美と窓子。花嫁衣装に魅せられた二人の夢は、太平洋戦争が終わったらファッション関係の仕事に携わること。しかし、やっと訪れた戦後の日本社会には、女性が働くことへの偏見、封建的な因習がはびこっていた……。

世界中の女性に愛されるウエディングドレスを制作し、国際的なファッションデザイナーとして活躍する佐倉玖美。草分け的な婚礼貸衣装業を展開し、結婚式のひとつのスタイルを築いた服飾研究家の田代窓子。戦中から戦後の高度成長期。東京、京都、姫路、パリそして大阪を舞台に、この国にブライダルビジネスを根付かせた奇跡の歩み。二人の少女の「夢」と「自立」をめぐるレジスタンスを鮮やかに描くビルドゥングスロマン。





posted by 管理人 at 11:28 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ヴォーリズ満喜子&広岡浅子 日本の大地に芽吹いた人たちをたどる」

「ヴォーリズ満喜子&広岡浅子 日本の大地に芽吹いた人たちをたどる」

※受付は終了しました。
http://ib-ikasukai-info.seesaa.net/article/436169587.html

tamaoka-iruma001.jpg

tamaoka-iruma002.jpg





posted by 管理人 at 19:33 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィズせっつカレッジ2016入学記念講演「歴史を輝かせた女たち」

ウィズせっつカレッジ2016入学記念講演
「歴史を輝かせた女たち」

NHK連続テレビ小説「あさが来た」のモデル、広岡浅子の生きた幕末から明治という時代は、今よりはるかに男女の生き方の制約が厳しい社会でした。玉岡かおるさんは小説の中で、時代の制約の中でリーダーシップを取り、後の世代の女性たちのために道を切り拓いた女性を描いています。玉岡さんのお話を聞いて、男女共同参画を原点にかえって考えましょう。

日時 平成28年6月18日(土) 午後2時〜4時
会場 摂津市立コミュニティプラザ3階 コンベンションホール
講師 玉岡かおる(小説家)
定員 120名
対象 摂津市在住・在勤・在学の方
参加費 無料
一時預かり あり(1歳〜就学前児)6月14日(火)までに要予約、先着順
手話通訳 あり
申込受付 5月1日(日)から受付
問い合わせ先 摂津市立男女共同参画センター 06-4860-7112

college2016.pdf

college2016-1.png





posted by 管理人 at 16:54 | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「をんな紋」三部作 電子書籍化!

紙媒体では絶版になっていた玉岡の初期作品が、電子書籍で復活しました。
「をんな紋」三部作 以下、もう一度読みたい、とのご希望が高かった角川書店作品を、一挙にラインナップ。

「をんな紋」まろびだす川
http://bookwalker.jp/deeb7e25c4-cd9c-43bf-b82d-92f2de29cb34/をんな紋-まろびだす川/

「をんな紋」はしりぬける川
http://bookwalker.jp/de6f17cce5-3b89-482a-9839-372390eb70fc/をんな紋-はしりぬける川/

「をんな紋」あふれやまぬ川
http://bookwalker.jp/de0e7dce40-a884-453b-b62f-476c7e430f90/をんな紋-あふれやまぬ川/

捨て色
http://bookwalker.jp/deb1524fdd-cb55-4855-a845-edc25c6ae0bd/捨て色/

恋をするには遅すぎない
http://bookwalker.jp/de9162173f-ab96-4ac7-9962-edbd33944145/恋をするには遅すぎない/

自分道 自分をつらぬき歴史を作った女たち
http://bookwalker.jp/deceff1a18-0410-4902-a64c-34ef51c4e88a/自分道-自分をつらぬき歴史を作った女たち/





posted by 管理人 at 19:03 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする