News(玉岡かおる公式サイト)

最新刊「花になるらん 明治おんな繁盛記」
京都の呉服商「高倉屋」のご寮人さん・みやび。女だてらに積極的に商売を拡げ、動乱の幕末から明治を生き抜いた女性の波瀾の人生を描く大河長篇。

ライオンズクラブ国際協会 玉岡かおる講演会

ライオンズクラブ国際協会335-A地区主催の玉岡かおる講演会です。
入場無料、申込み不要です。

2017年4月23日(日)
時間:開演14:00〜15:30(開場13:00)
場所:神戸ポートピアホテル ポートピアホール

第一部 薬物乱用はダメ。ゼッタイ。
第二部 玉岡かおる講演 「体の健康・心の健康・人生の健康」

主催:ライオンズクラブ国際協会 335-A地区

20170411.png





posted by 管理人 at 17:35 | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕焼けエッセー年間賞の公開選考会す 4月15日(土曜日)

大好評の「夕焼けエッセー」の公開選考会のおしらせです。
新聞の1面一段抜きで毎日選ばれる読者からの投稿エッセーを、月に一回、わたくし玉岡かおると眉村卓さんとで月間賞を選考しています。
が、今回は初の、公開選考会。
ぜひいらしてくださいね。

詳細は
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/sankei-wst1703140061.html

これまでの「夕焼けエッセー」などは
http://www.sankei.com/west/topics/west-26584-t1.html


夕焼けエッセー年間賞公開選考会

■日時 4月15日土曜日
    午後2時〜4時(1時30分開場)

■場所 〒556-8660 
    大阪市浪速区湊町2丁目1番57号
    産経新聞大阪本社 会議室

■定員 100人

公開選考会について
 平成28年1月〜12月までの月間賞12本を対象に、
 選考委員の作家・眉村卓氏、玉岡かおる氏、丸橋文化部長の3人が公開選考会を開催。「年間賞」を決定します。
 また、月間賞以外の作品から、特別賞として「眉村賞」、「玉岡賞」を選出。
 参加賞のみなさんによる投票で「読者賞」も決定します。
 司会は夕焼けエッセー創設メンバーの石野伸子編集委員です。





posted by 管理人 at 11:43 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ひこばえに咲く」文庫化されました!

ひこばえに咲く (PHP文芸文庫)
玉岡 かおる
PHP研究所 (2017-03-10)


りんご畑の納屋に眠っていた150枚の絵。その絵が一人の女によって見出されたとき、時を超えて物語は動きだす――。
実在の画家をモデルとした感動の長編小説。

父が経営する銀座の画廊が閉店し、そこで働いていた香魚子は自分の行く末や恋人との未来に不安を抱えるなか、ある画集を手にする。
それは知られざる画家・上羽硯(ケン)の絵だった。
その絵に衝撃を受け、津軽の地に飛んだ彼女を迎えたのは、ケンを慕う絵描き仲間の女性・フク。
ケンの個展を開催するため奔走する香魚子であったが、ケンとフクの二人には、戦前からの“秘められた過去"があった――。


文庫: 409ページ
出版社: PHP研究所 (2017/3/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4569766811
ISBN-13: 978-4569766812
発売日: 2017/3/10







posted by 管理人 at 11:13 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大阪サクヤヒメ表彰」特別賞受賞

大阪商工会議所では、「千客万来都市OSAKAプラン」プロジェクトのひとつとして、2014年度から「企業における女性の発掘・戦力化支援事業」に取り組み、在阪企業における女性活躍推進の事例を紹介するフォーラムの開催や事例集を発行してまいりました。
 このたび、「千客万来都市OSAKAプラン」を掲げ、約6年間にわたり大阪の活力増進に尽力した佐藤茂雄前会頭の辞世の句「やはりいた サクヤヒメ達 六歳経つ」の「サクヤヒメ」に因み、「大阪サクヤヒメ表彰」を実施いたします。本事業は、神話に登場するサクヤヒメの人物像が持つ「強く美しい」女性のイメージをもとに、社会で輝く女性、仕事と育児の両立などワークライフバランスを実現している女性を対象とするものです。
http://www.osaka.cci.or.jp/osakasakuyahime/


玉岡かおるは、特別賞をいただきました。

20161204.jpg





posted by 管理人 at 16:28 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講演会「鈴木よねと広岡浅子―2人の女性企業家の足跡をたどる」

大阪企業家ミュージアムは、現在開催中の特別展示「明治・大正・昭和、激動の時代を駆け抜けた女性企業家」の関連事業として、作家の玉岡かおる氏をお招きし、関西で活躍した2人の女性企業家・鈴木よねと広岡浅子をテーマに講演会を開催いたします。
鈴木よねは、夫の没後、鈴木商店の経営を番頭の金子直吉に任せる一方、「お家さん」として店を守り抜き、日本一の総合商社への発展を支え続けました。また、広岡浅子は、嫁ぎ先である大阪の豪商・加島屋で鉱山や銀行など新規事業に取り組み、家業の再興に大きく貢献しました。
女性の生き方が大きく制限された時代にあっても、多くの苦難を乗り越え活躍した2人の足跡をたどります。奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催日時 2016年12月14日(水)
開催時間 18:00〜19:30

※講演会終了後、19:30よりサイン会を開催いたします。
その後、20:00より大阪企業家ミュージアムのガイド付き見学会(約20分、自由参加)を開催いたします。

場所 大阪企業家ミュージアム
   大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館地下1階
   地図情報はこちら

参加費 無料(但し、大阪企業家ミュージアムの入館料をお支払下さい)
    ※入館料:お一人300円(大阪商工会議所会員企業にお勤めの方は200円)

詳細は
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201610/D25161214011.html

speaker1_photoD25161214011.png





posted by 管理人 at 11:47 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする