News(玉岡かおる公式サイト)

最新刊「花になるらん 明治おんな繁盛記」
京都の呉服商「高倉屋」のご寮人さん・みやび。女だてらに積極的に商売を拡げ、動乱の幕末から明治を生き抜いた女性の波瀾の人生を描く大河長篇。

トークショー&サイン会開催のお知らせ

920日発売『われ去りしとも美は朽ちず』潮出版社刊

本書は、世界発陶板美術館開設への挑戦。徳島県鳴門市を舞台に繰り広げられた一大プロジェクトの裏側を描くアート小説です。

発刊記念 トークショー&サイン会がBookCity平惣徳島店で開催されます。

tamaokakaorutokushima.jpg


【会場】BookCity平惣徳島店

770-8052 徳島県徳島市沖浜3-9 (088)622-0001

【日時】20221015日(土)14時より

1    トークショー   14:00より

・第2部 サイン会 15:30より(トークショー終了後、開始します。)


トークショーは事前申し込み制。サイン会は整理券が必要です。
詳細は、BookCity平惣さんのサイトをご覧ください。


http://hirasoh.syoten-web.com/2022/10/10.html







posted by 管理人 at 17:53 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊:われ去りしとも 美は朽ちず

『われ去りしとも 美は朽ちず』玉岡かおる(著

9/15発売の新刊です。大塚国際美術館の創設プロジェクトに関わった群像の物語。潮出版より。定価1980円。

世界の美術業界に革命をもたらした陶板技術。その技術を発見し、美術作品として活用することで、世界に類を見ない規模の美術館として広く知られている鴻塚国際美術館。その設立に尽力した人々の姿を描くことで、「陶板」という、一つのおおきなムーヴメントを起こした先見性、可能性、将来性を、老若男女問わず、アートに興味をもつ世界中の人々に訴える。
当時の陶板制作の現場担当者、版権取得に関する交渉話、美術館建設に関する話を、関係者への取材に基づき描いたアート小説。

amazon

96C0E018-A2E4-4B10-A32F-2207958FC254.JPG






posted by 管理人 at 14:28 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【講座】10/22 賀川豊彦の妻・ハルのはるかな旅路

共同組合の父でもある社会活動家の夫を支え、ともに民衆救済に生涯を捧げたハルの生き方を追います。
『春いちばん 賀川豊彦の妻・ハルのはるかな旅路』を10月に上梓される玉岡かおるさんが、その執筆秘話を交えて語ります。



タブロイド原稿 賀川豊彦の妻・ハルのはるかなる旅路2022.8.22..JPG

教室での講座受講とオンライン受講の2種類あります。

教室での受講に関しては、下記で詳細をご確認の上、お申込みください。

オンライン受講に関しては、下記で詳細をご確認の上、お申込みください。



オンライン受講とは
教室で行っている講座をオンラインでご自宅からパソコンやタブレットでご受講できます。「Zoomウェビナー」アプリ使用。






posted by 管理人 at 11:02 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月28日 佐用町での講演会

〜 播磨発・知恵と工夫で拓く未来 『帆神』に学ぶモノづくりのこころ 〜

 ●日時/令和4年8月28日(日)午後1時30分〜3時00分
 ●講師/玉岡かおる
 ●会場/さよう文化情報センター ホール
 ●定員/200人(要申込・先着順)
 ●入場料/無料
 ●申込方法/参加申込書を佐用町立図書館、たつの市立図書館、宍粟市立図書館、上郡町立図書館の
       いずれかに提出してください。
 ●その他/当日検温を実施します。発熱(37.5℃以上)が認められた場合は入場をお断りします。
      ご来場時マスクを着用ください。
      コロナウイルス感染拡大により直前に中止する場合は、ホームページなどでお知らせします。

20220725-2.jpg

佐用町立図書館






posted by 管理人 at 16:35 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月28日 玉岡かおる講演会・佐用町

玉岡かおる講演会

播磨発・知恵と工夫で拓く未来
『帆神』に学ぶモノづくりのこころ

2022年8月28日(日)
13:30〜15:00
要申込 入場無料 定員200人
さよう文化情報センター ホール
https://www.town.sayo.lg.jp/cms-sypher/www/section/detail.jsp?id=3148


主催:佐用町
お問い合わせ先:佐用町図書館 Tel:0790-82-0874

IMG_3633.jpg






posted by 管理人 at 18:55 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「帆神」新田次郎賞の受賞祝いのオビを付けた限定版が登場

新田次郎文学賞の受賞祝いのオビを付けた限定版が書店にお目見え!華やかな赤です。松右衛門の船がよりたくさんの読者の心に届きますように。

IMG_3197.jpg

amazonで購入






posted by 管理人 at 14:41 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新田次郎文学賞 、授賞式が5月31日に開かれました。

5/31に新田次郎賞の授賞式が開かれ、正賞の気象計を頂戴しました。

IMG_3593.jpg


『玉岡かおるさん、新田次郎文学賞 「帆神」』

第41回新田次郎文学賞(新田次郎記念会主催)に、玉岡かおるさんの「帆神 北前船を馳(は)せた男・工楽松右衛門」(新潮社)が選ばれた。受賞した玉岡さんは「驚きの一言。歴史ある大きな賞をいただいて光栄です」と喜びを語った。

同賞は、小説やノンフィクション、エッセーなどジャンルを問わず、自然界に材をとった作品が対象。昭和57年の第1回は沢木耕太郎さんが「一瞬の夏」で受賞し、歴代の受賞者には、辺見じゅんさん、宮城谷昌光さんらがいる。

第41回の受賞者発表は4月12日。玉岡さんは受賞の連絡を受けたときは会議中で、見知らぬ番号や編集者から約10回着信があったが、出られずにいた。「何かよくないことでもあったのでは」と恐る恐る出ると、予想外の知らせ。候補作は非公表でもあり「賞には長く縁がなかったので、まさに青天の霹靂(へきれき)という感じ」と驚いた。

受賞作は、江戸時代後期の海運業に革命をもたらした兵庫・高砂出身の海商、工楽松右衛門の一代記。全国を船で駆け回る松右衛門が「利尻富士」と呼ばれる北海道の利尻山を望む場面がある。

この山に玉岡さんは20代の頃に登ったことがある。山岳小説の名作を数多く執筆した新田次郎さんの作品に触れたことがきっかけで山に親しむようになった。新田作品に触発された登山の描写をいかした作品が受賞するという偶然。「ご縁があったことに震えました」と振り返った。


授賞式は5月31日。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、関係者のみで行う予定という。

(産経新聞4月22日)







posted by 管理人 at 14:38 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新田次郎文学賞、受賞しました。

玉岡かおる著『帆神 北前船を馳せた男・工楽松右衛門』(新潮社)新田次郎賞を受賞しました!
これまで応援してくださった皆様、ありがとう!!
苦労が認められる喜びを、かみしめています。
これからもよろしくです。


第41回新田次郎文学賞(新田次郎記念会主催)は12日、玉岡かおるさん(65)の「帆神 北前船を馳せた男・工楽松右衛門」(新潮社)に決まった。賞金は100万円。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、授賞式は5月31日に関係者のみで行う予定。〔共同〕
新田次郎賞に玉岡さん: 日本経済新聞 (nikkei.com)


新田次郎賞に玉岡かおるさん:朝日新聞デジタル (asahi.com)

新田次郎文学賞に玉岡かおるさん | 毎日新聞 (mainichi.jp)







posted by 管理人 at 13:55 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛鳥史学文学講座 9月11日(日)

今年は奈良県飛鳥で高松塚古墳が発見されて50年。
その飛鳥の地で開催される「飛鳥史学文学講座」に、今年も玉岡が出講いたします。
「帆神」を出版しただけに、今年のテーマは「万葉びとと海」。

9月11日(日)
万葉人と大海原
―海洋と船で眺める古代文化―




<2022年度 第48回 飛鳥史学文学講座−やまと・あすか・まほろば塾− 概要>
【開講期間】 4月10日(日)〜 2023年3月5日(日) 13:00〜15:00 <全13回>
       ※特別講のみ10:00〜12:00。
【 場 所 】 明日香村中央公民館(奈良県高市郡明日香村川原91-1)
【 定 員 】 200名 【受講対象者】飛鳥時代をはじめとする歴史や文化に興味関心をお持ちの全ての方
【受 講 料】 年間受講料5,000円、1講座のみ受講は1,000円
      ※明日香村在住者ならびに、本学学生、本講座に興味のある中高生は無料
【受講申込にかかる問合せ先】関西大学教育後援会 飛鳥史学文学講座係 TEL:06-6368-0055
【 主 催 】関西大学飛鳥文学研究所、明日香村教育委員会
【過去3年間の実績】2021年度:1,531名、2020年度:1,481名、2019年度:1,449名(延べ受講者数)

詳細は下記ページで

飛鳥史学文学講座
タグ:帆神






posted by 管理人 at 10:03 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研修会での講演(非公開)

神戸税理士協同組合主催 研修会での講演。
一般には非公開ですが、こういう内容で講演します。お知らせまで。


演題:「知恵と工夫で越えていく喜びの向こう 『帆神』に学ぶ ものづくりにっぽんの心」


20220410-1.jpg






posted by 管理人 at 09:55 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月1日、講演会「賀川ハル 豊彦の妻として、同志として」

第100回国際協同組合デー・兵庫県記念大会
2022年7月1日(金)午後1時30分〜午後4時

第2部記念講演会
  賀川ハル 〜豊彦の妻として、同志として〜
  玉岡かおる

定員:会場150人 オンライン150人
入場料:無料
申し込み:各団体・生協へお申込み下さい。
申し込み締切り:6月10日(金)
会場:兵庫県民会館9階 けんみんホール

※申込時に参加方法(会場またはオンライン)をお知らせ下さい。
※オンラインご希望の方はメールアドレスをお知らせ下さい。
※会場参加者には「入場整理券」を事前にお渡しします。当日、会場受付にご提出下さい。
※オンライ参加者にはURLをお送りします。

主催:兵庫県協同組合連絡協議会(兵庫JCC)

220323国際協同組合デー.jpg






posted by 管理人 at 15:17 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

zoomで。2月19日(土)14:00から

2/19(土)に、賀川ハル研究会第3回勉強会がリーモート開催され、14時から私も出講します。


  • 賀川ハル研究会第3回勉強会

  賀川豊彦松沢記念館よりリモート講演

kagawaharu.pdf  14:00〜 講演/玉岡かおる (予定時間は60分)

 演題「賀川豊彦とハルのこども教育

    〜連載完結目前の『春いちばん』(家の光・刊)より〜」

リモート講演会に参加ご希望の方は、以下の「賀川ハル研究会世話人」まで、ご連絡ください。折り返し、zoom参加用のIDが送られてきます。

「賀川ハル研究会世話人」(tomizawayasuko@gmail.com


研究会全体のプログラム等はリンク先のPDFをご覧ください。

kagawaharu.pdf


IMG_0617.JPG







posted by 管理人 at 17:34 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オンライン夜話「つらなり座」(無料視聴)1月24日(月)

☆彡オンライン夜話「つらなり座」(無料視聴)のご案内


フェリシモの子会社で、日本文化を守り、未来を創る活動を進めている株式会社つらなり(tsuranari.com)が企画運営するオンライン夜話「つらなり座」に出演します。

リアルタイムでのご視聴は無料です。奮ってご参加ください。


第21回つらなり座

配信日時:2022年1月24日(月)21:00〜21:30

タイトル:新しい時代に帆をあげて〜工楽松右衛門に学ぶ開運法


詳しくはこちらをご覧ください。

オンライン夜話「つらなり座」トップページ https://tsuranariza.peatix.com/

☆彡玉岡かおる出演回へのお申し込みはこちら https://tsuranariza220124.peatix.com/







posted by 管理人 at 05:25 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコーディオニスト後藤ミホコさん「金毘羅船船」

「帆神」の出版記念パーティーでアコーディオニスト後藤ミホコさんが、パーティのためにアレンジした「金毘羅船船」を披露してくれました。それが、Youtubeで公開されました。
ぜひお聞き下さい。

タグ:後藤ミホコ






posted by 管理人 at 17:38 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンテレビニュース オペラ「千姫」




サンテレビニュース

姫路市文化コンベンションセンター「アクリエひめじ」の開館を記念して、姫路城主の妻・千姫の波乱の人生を描く新作オペラが11日上演されました。


姫路市文化国際交流財団の新作オペラ「千姫」は、加古川市在住の作家玉岡かおるさんが書き下ろした小説が原作の作品で、姫路市文化コンベンションセンター「アクリエひめじ」が9月に開館したことを記念して企画されました。


作品では徳川家康の孫で姫路城主の本多忠刻に嫁いだ千姫の波乱の人生が描かれています。アクリエひめじでは今後もコンサートなど様々なイベントが企画されています。







posted by 管理人 at 17:01 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「海の宮殿」神戸で発掘 神戸発掘映画祭で上映

20210918-3.jpg

10月の神戸発掘映画祭で上映される「玉岡忠大コレクション」のうち、今回、激レア中の激レアのフィルムはこれ!
わたくし玉岡かおるも、観たことがありません。
神戸映画資料館に寄贈後、整理中に発見され、ことし6月、ロッテルダム国際映画祭にも出品された幻のフィルムだそうです。
わが父親ながら、やはりすごいモノをコレクションしていたのですねー。
映画好きの極地、ここにあり。
玉岡かおる

神戸発掘映画祭の詳細、リーフレット等は
https://kobe-eiga.net/kdff/





posted by 管理人 at 16:29 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸発掘映画祭2021



神戸発掘映画祭2021 開催日程決定
10月[8日間]
16日(土)・17日(日)
22日(金)・23日(土)・24日(日)
29日(金)・30日(土)・31日(日)


玉岡かおるは、10月17日(日)13:30からの【トーク「玉岡忠大の映画人生」】に登場します。

10月17日(日)終了予定18:20
13:30- トーク「玉岡忠大の映画人生」(無料)
14:30- 「嘲笑」+解説
16:25- 「ウーマン」+解説
-----------
玉岡忠大氏の長女で作家の玉岡かおる氏を招き、映画ひとすじに生きた父の思い出を語っていただく。
在りし日の玉岡氏に取材したサンテレビ番組の一部を参考上映。
ゲスト:玉岡かおる(作家)
聞き手:天宮遥(ピアニスト)
-----------

詳細なリーフレットはここからダウンロード出来ます

20210918-1.jpg

20210918-2.jpg

https://kobe-eiga.net/kdff/





posted by 管理人 at 16:26 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第41回文学碑記念の集い

 大阪市は、令和3年10月16日(土曜日)14時から、太平寺にて、第41回文学碑記念の集いを開催します。

 第1部は、 作家の玉岡かおるさんを迎え、北前船の帆に革命的な改良を加え江戸期の海運を一変させた男・工楽松右衛門にまつわる近著より、当時の大阪の輝きをお話いただきます。第2部は、俳優の中尾周統さんの朗読により織田作之助の世界をお楽しみいただきます。落語のオチのような味わいのある「馬地獄」、文学碑に刻まれた短編小説「木の都」の2作品です。

日時:令和3年10月16日(土曜日)14時から16時まで(開場:13時30分)
場所:太平寺(天王寺区夕陽丘町1-1)
入場料:無料  (注)ただし、事前申込みが必要

第1部
講演 「工楽松右衛門と難波津の輝き」
作家 玉岡 かおる 

第2部
朗読 「馬地獄」・「木の都」
俳優 中尾周統(なかお ちかのり)
ギター(BGM) 内藤翔(ないとう しょう)

司会
笑福亭 枝鶴(しょうふくてい しかく)

(注)内容は予定であり変更される場合があります。ご了承ください。


詳細・お申し込み
https://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000542637.html

20210916-2.jpg
タグ:帆神






posted by 管理人 at 18:19 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新作能〈媽祖〉クラウドファンディング

新作能〈媽祖〉の上演のためのクラウドファンディングが始まっています。


 今回の達成目標は1,100万円で、目標金額に到達した場合のみ実行するオール・オア・ナッシングのプロジェクトです。目標金額に到達しない場合は、すべてのリターンについて決済は行われずみなさんがお支払いするものはありません。

【資金の使い道一覧】
◎会場費
◎出演料
◎制作費一式(プロモーションビデオ含む)
◎ビデオ・写真等撮影費
◎装束借用料
◎印刷代
◎ウェブ代
◎交通費
◎当日スタッフへの謝礼
◎クラウドファンディング手数料

 皆様から頂いた資金は新作能〈媽祖〉公演(昼・夜)のために活用させていただきます。目標を超えるご支援をいただけた場合、海外での公演やシンポジウムの開催など、この新作能〈媽祖〉を愛し続けてくださるみなさまのご期待に応えられるよう、さらなるプロジェクトの推進に充てさせていただきたいと思います。


https://the-kyoto.en-jine.com/projects/maso



タグ:媽祖






posted by 管理人 at 19:43 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK カルチャー講座 10月23日

播磨高砂の漁師から身を起こし、船乗りとして名をあげ、海商となった松右衛門。
北前船の帆を革命的に改良し、江戸海運を一変させました。その裏には、彼を慈しみ、育んだ四人の女たち。そんな快男児の雄渾なる生涯とは。『帆神 北前船を馳せた男・工楽松右衛門』(新潮社)を上梓された玉岡かおるさんが、その執筆秘話を交えて語ります。

教室名 梅田教室
開催期間 10/23(土曜)  13:30〜15:00  
回 数 1回
途中受講 できません
受講形態 教室
コース 受講料(税込み) 教材費(税込み)
会員 3,432円
一般(入会不要) 4,125円

お申し込みは下記ページから
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1237080.html


オンライン講座もあります。
※本講座は教室で行っている講座をオンラインでご自宅からパソコンやタブレットでご受講できます。「Zoomウェビナー」アプリ使用。。
※本講座は後日、6日間のアーカイブ配信(見逃し配信)致します。本講座をお申込の皆様限定でご案内致します。
オンライン講座の詳細、お申し込みは下記ページから
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1237079.html





posted by 管理人 at 19:28 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『帆神 北前船を馳せた男・工楽松右衛門』 発刊記念講演会

※9月23日に予定されていた下記講演会は、緊急事態宣言期間延長のため10月31日に延期されました。

豪胆な船乗りで、時代を先取りする海商。
そして北前船の帆の改良で、江戸の海運に革命をもたらした快男児。
そんな彼を慈しみ育んだ、四人の女たち。
3年ぶりの長篇小説、発刊記念講演会

開催日:令和3年10月31日( 日 )
開場:午後1時 30 分 〜
開演:午後2時
会 場:高砂市文化会館じょうとんばホール
参加料:無料
定 員 :400 名 とさせていただきます。( 定員 1000 名のホールを広く使用いたします)


詳細、お申し込みは下記ページから
http://www.takasago-tavb.com/news/玉岡かおる講演会/

20211031_tamaoka_seminar.jpg





posted by 管理人 at 19:14 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新刊:帆神: 北前船を馳せた男・工楽松右衛門

帆神: 北前船を馳せた男・工楽松右衛門

「夢の帆」は俺が作る――。江戸海運に革命を起こした男の堂々たる航跡! 播州高砂の漁師から身を起こし、豪胆な船乗りとして名を揚げ、時代を先取りする海商となった松右衛門。やがて千石船の弱点だった帆の改良に自ら取り組み、苦難の末に画期的な「松右衛門帆」を完成させて、江戸海運に一大革命をもたらすこととなる。あの高田屋嘉兵衛が憧れた、知られざる快男児を活写する長編歴史小説。

新潮社 2021年8月26日発売
定価:2200円

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4103737174/kaoru-22/ref=nosim/

373717_xl.jpg

hosincover1.jpg

hosincover2.jpg
タグ:帆神






posted by 管理人 at 17:28 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸新聞:玉岡かおるさんが小説を出版

「海運国の歴史を描けた」 帆布に革命、江戸期・高砂の海商、工楽松右衛門


自身も兵庫県高砂市で暮らした経験がある作家の玉岡かおるさん(64)=同県加古川市=が、高砂出身で江戸期の海運に革命をもたらした海商が主人公の小説「帆神(ほしん) 北前船を馳(は)せた男 工楽松(くらくまつ)右衛(え)門(もん)」を書き上げた。27日、高砂市の工楽松右衛門旧宅で出版会見を開き、「偉人とそれを支えた女たちに加え、海運国の歴史もしっかり描けた」と語った。

 高砂の漁師の子だった松右衛門(1743〜1812年)は、2枚の木綿布を重ねる帆が破れやすかったため、播州木綿の糸を太くより合わせて風雨に強い帆布「松右衛門帆」を発明し、製法を全国に広めた。鎖国していた幕府の命により、ロシア船襲来に備えて択捉島に港も築いた。

 同市観光交流ビューローが2015年、まちおこしを狙って執筆を依頼。女性を中心に描いてきた玉岡さんは当初、「男の物語」のイメージが湧かなかったという。だが、結婚後8年間住んだ高砂に恩返ししたいと思い直し、全国で取材を重ねて2年で完成させた。会見で「画期的な帆を作ったのに歴史に埋もれてきた工楽さんに、私より有名になってほしい」と笑った。

 新潮社刊、2200円。玉岡さんの発刊記念講演会が9月23日午後2時から、高砂市文化会館である。無料で要申し込み。同ビューローTEL079・441・8076

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202108/0014629711.shtml




高砂市観光交流ビューロー
http://www.takasago-tavb.com/
タグ:帆神






posted by 管理人 at 17:16 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本口腔インプラント学会 市民公開講座

日本口腔インプラント学会 第41回近畿・北陸支部学術大会

本大会においては、コロナ禍での開催を想定し、
緊急事態宣言下におけるイベント開催規則の5000人以下、
会場収容人数の半分を想定して準備をして参りました。

しかしながら、大会会場として予約していた大阪国際会議場が
ワクチン大規模接種会場としての使用の延長によって使用できなくなりました。
そこで、大阪歯科大学へ会場変更し、9月4日・5日の開催を目指して参りましたが、
昨日、8月17日に大阪府下への緊急事態宣言が
9月12日まで延長されることが決定しました。
そのため、大阪歯科大学の一部の会場において、
予定収容人数の過半数を超える可能性があり、
ソーシャルディスタンスの完全な確保が困難と判断しました。

急な連絡となりましたが、大会を下記日程に延期する事になりました。
======================
日程:2022年2月11日(金・祝) 学術大会
      2月12日(土) 市民公開講座
会場:大阪国際会議場
======================

市民公開講座
テーマ「大阪・人と病の戦いをめぐって 〜歴史からみる都市病巣〜」
講 師 玉岡 かおる(作家)





posted by 管理人 at 06:08 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉岡が手がけている新作能「媽祖」テレビ大阪の密着取材


日本の伝統芸能、能・狂言の世界を支援しようと、作家・玉岡かおるさんが立ち上がりました。
新型コロナの長期化で舞台の機会を失い、苦境に立たされているイベント業界。
新型コロナで分断された絆と交流をテーマに、いちから物語を書きおろし、能舞台を作りあげる、玉岡かおるさんに独占密着です。




テレビ大阪の密着取材第二回がオンエアになりました。
2回目のテーマは、能面です。

タグ:媽祖






posted by 管理人 at 06:02 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

聖徳太子没後1400年リレー講座

聖徳太子没後1400年リレー講座
日本の黎明(れいめい)期に、政治・外交、文化・芸術、宗教・思想・道徳など幅広い分野の礎を築いた聖徳太子。
2021年は、太子没後1400年の節目の年です。
聖徳太子と古代日本を知ることで、その延長線上にあるこれからの日本の未来を考えてみませんか。

https://www.yomiuri-osaka.com/lp/shotokutaishi/


玉岡かおるが参加するのは
【第3回】王寺町文化福祉センター “太子外交”が日本にもたらしたもの(定員300名)

11月3日(水・祝) 開演13時/終演16時(予定)

パネルディスカッション 今につながる聖徳太子の政治改革
パネリスト
◆氣賀澤 保規氏(明治大学東アジア石刻文物研究所所長)
◆歴史上の“女性”を描く作家
玉岡 かおる(たまおか・かおる)氏(小説家、大阪芸術大学大学院教授)
◆岡島 永昌(おかじま・えいしょう)氏(王寺町文化財学芸員)
◆講座コーディネーター
柳林 修氏(元読売新聞編集委員)

入場無料ですが、事前申し込みが必要です。
詳細・お申し込みは、下記ホームページをご覧下さい。
https://www.yomiuri-osaka.com/lp/shotokutaishi/


20210818-2.png

20210818-3.png





posted by 管理人 at 17:50 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民公開講座「基礎から学ぶ新型コロナウイルス」

神戸大学大学院医学研究科 内科系講座 放射線診断学分野

2021年10月1日(金) 13:30〜16:00(開場13:00)
神戸新聞松方ホール

講演 玉岡かおる「疫病との遭遇 百年に一度の危機を乗り越える」
13:35〜15:55

20210818-1.jpg








posted by 管理人 at 17:36 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月の講演会(一般の方の入場は不可

●8月7日(土)全国女性税理士連盟全国総会における玉岡かおる講演
 演題「視点を変えれば歴史も変わる  世界に誇る平和の城・姫路城の姫君のはなし」
 ※一般の方の入場は不可


●8月18日(水)第69回全国幼児教育研究大会兵庫大会における玉岡かおる講演
 演題「さきがけの女性たちの足跡に咲いた花」
 ※一般の方の入場は不可






posted by 管理人 at 19:10 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月3日 はびきの市民大学

はびきの市民大学 特別講義

女性天皇の花咲く時代
   古代最後の女帝が残したもの


オープンではないので告知しませんでしたが、こんな特別講義をしました。


IMG_5508.jpg





posted by 管理人 at 16:19 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月4日 講演会事前参加登録受け付け

緊急事態宣言発令により、来年2月に延期になりました



日本口腔インプラント学会 第41回近畿・北陸支部学術大会
市民公開講座

テーマ「大阪・人と病の戦いをめぐって 〜歴史からみる都市病巣〜」
講 師 玉岡 かおる(作家)
座 長 岸本 裕充(兵庫医科大学 歯科口腔外科学講座)
概 要 東京一極集中が問題視され、地方分権や地方活性化のかけ声が上がるようになって久しく、コンパクトシティが提唱される現代。コロナ禍を経て、人口の集中がもたらす感染増や医療施設の切迫は、いっそう深刻に社会構造を見直す必要を感じさせます。では、人がゆたかに、土地に誇りを持って暮らすためには、どんな視線がいるのでしょうか。四方を海に囲まれ、北前船などの海運が栄えた近世日本の男たちを描いた「この海に帆を上げて」(新潮社) の最新刊がある玉岡かおるが、歴史からヒントを探ります。一緒に、歴史の海に漕ぎ出してみましょう。


来年2月に延期
9月4日(土)14:00-15:30
大阪歯科大学 天満橋キャンパス 創立100周年記念館
〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目5番17号
地図:https://www.osaka-dent.ac.jp/access.html
京阪本線、地下鉄谷町線:天満橋駅 徒歩5分
定員120名(予定)  参加費無料
・事前参加登録を受付けております。こちらよりお申込みください。
・事前参加登録を頂いていない場合でも、お席に空きがあればご入場いただけます。

参加者の方へのお願い
・開催当日37.5度以上の発熱、倦怠感、咳など体調がすぐれない場合は、
 ご来場をお控えください。
・飛沫感染等を防ぐためマスクの着用をお願いいたします。
・当日入場前の体温測定にご協力をお願いいたします。
・体温が 37.5 度以上の場合は参加をお断りすることがあります。
・過去14日以内に海外から帰国、入国された方の受講はお控えください。
・身近な方(ご家族、ご友人、職場の同僚など)に新型コロナウイルスに感染された方、
 もしくは疑いのある方がいらっしゃる場合は、ご来場をお控えください。


20210701.jpg





posted by 管理人 at 17:01 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Youtube:玉岡かおる「孝謙・称徳天皇を偲んで」

2021年6月 第36回 東大寺文化講演会「孝謙・聖徳天皇を偲んで」
講演 玉岡かおる
主催 東大寺・大仏奉賛会


 昨年は、東大寺盧舎那仏開眼法要の本願者である孝謙称徳天皇の1250回忌でした。
「天平の女帝 孝謙称徳」の著書を持つわたくし玉岡かおるが、記念講演にお招きいただき、亡き天皇の功績をしのばせていただきました。
 ぜひ、ご受講ください。(玉岡かおる)

Youtube
https://youtu.be/TZ9bxHLcdPU








posted by 管理人 at 18:51 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マスコミ報道 第1回 万博サクヤヒメ会議

第1回 万博サクヤヒメ会議、昨日(5月26日)、成功裡に終わり、各マスコミに大きく取り上げていただきました。

大商、万博へ「関西の魅力を再発見」 女性らが議論:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF268Y60W1A520C2000000/


大阪・関西万博を意義深く 第1回サクヤヒメ会議開催:産経新聞
https://www.sankei.com/article/20210526-MXVHDEXUERNA3J25CFBE5D6TEY/


2025へ女性リーダーが提言! 万博 サクヤヒメ会議 開催:テレビ大阪
https://news.yahoo.co.jp/articles/d965e9ef747d6afcf01a1daff5d30abecd4d8bb2





posted by 管理人 at 16:39 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉岡かおる、新作能に挑戦‼️

本来外国の神である「媽祖(まそ)」を、日本の伝統芸能である能楽に⁉︎
観世流シテ方片山九郎右衛門氏からの超難題。海外に発信できるメッセージとしてのお能を。
もちろんそう簡単な仕事ではありませんが、苦しみながら、原作ストーリー&台本、書き上げました。
上演は22年4月2日に決定!
ぜひ応援してくださいね。


新作能「媽祖」 アジアから世界へ 平和の祈り
令和4年4月公演決定

片山九郎右衛門 企画・指揮
玉岡かおる 原作
新作能「媽祖」製作委員会

公演詳細は決定次第またお知らせします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 未知のウイルスと遭遇し、世界が一変してから早や一年。まだ過去として片付けることはできないが、人が知恵を絞ってできるだけの前進を試みてきたのは確かな事実だ。
 思い出すのは桜がはらはらと散る去年の四月のこと。観光客の姿が消え、がらんとした京都にある自宅で自粛期間を過ごしている能楽師K氏から連絡をもらった。ふだんは公演で全国を駆け回り家でゆっくりする暇もない人が、すべての公演が中止となり、他にすることもなく自転車でぶらぶらと京都の町をめぐっては物を思っていたらしい。
「新しい創作能をやろうと思うんです。新作を書いてもらえませんか」
 物思いの結果は地熱のように内から沸き上がる創造への熱望だった。
 室町時代に始める能楽の、いわば先人たちの遺産をいえる古典を大切に守り継承してきた彼にとって、閉塞感を打ち破るには既成の作品では飽き足らなかったのかもしれない。
「で、どんな能を創ります?」
 能を書くどころか鑑賞の経験もさして多くない私なのに、ふだん穏やかな彼のただならぬ決意が伝わり、思わず訊いた。もう最初からやる気とみられてもしかたない。
 彼が選んだテーマは『媽祖(まそ)』。華僑の人々が最高神と讃える道教における海の女神、航海の女神だ。
「え?中国の、女神様?」
 疫病封じにアマビエが流行したように、また新手の神様?と思いきや、そうではなかった。海外にも容易に行き来出来ない時代だからこそ、近隣の国々とも共有できる普遍のものを作りたいのだ、と彼は言う。
 なるほど、世界中どこの国にも疫病との戦いはあり、どんな民族にもよりどころとなる神仏はある。日本でも、薬師如来を始め牛頭天皇や蘇民将来など神仏が病に苦しむ人々の心を救った説話は数限りない。神や仏が常に人の近くにあって、弱く不安な胸の内をささえた歴史はまぎれもないのだ。我々の先祖は、古来、大陸から伝わった神仏を起用に取り入れ融和させてきたが、さて現代、そんな心を今に蘇らせるには?そう、芸術や文化の力かもしれない。
 やりましょう、そう答えていた。
 この災難が終わろうと続こうと、何か掴んで立ち上がる。そんな証にしたいから、ともかく自分にできることで一歩を前に。皆様に新作能をお披露目するにはあと少しだが、災禍はこのようにして人を前へと進ませるものらしい。

「ないおん」3月号 玉岡かおる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


MASO4.png

MASO3.png

タグ:媽祖






posted by 管理人 at 15:41 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『オペラ 千姫』12月11日・12日

アクリエひめじオープニングシリーズ オペラ 千姫

玉岡かおる著『姫君の賦 千姫流流』原作、池辺晋一郎作曲による、徳川家康の孫にして、姫路城至高のヒロイン「千姫」の波乱の人生をオペラ化。
新会館のオープニングを飾る壮大な新作オペラをぜひご覧ください。


原作:玉岡かおる
脚本:平石耕一
作曲:池辺晋一郎
指揮:田中祐子
演出:岩田達宗
演奏:日本センチュリー交響楽団




会場  アクリエひめじ 大ホール
開催日時  2021年12月11日(土曜日)、12日(日曜日) 両日15時00分開演(14時00分開場)
入場料等
一般 S席6,000円 A席4,000円 B席3,000円 c席2,000円
高校生以下各半額 (全席指定)
※未就学児入場不可。

■発売日
友の会発売:6月15日(火曜日)
一般発売:6月17日(木曜日)

詳細は
https://himeji-culture.jp/hall_event/4293


20210502-2.png

20210502-3.png

20210502-4.png
タグ:オペラ千姫






posted by 管理人 at 11:48 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『姫君の賦 千姫流流』文庫化されました。

『姫君の賦 千姫流流』がPHP文芸文庫として5月12日に発売さます。

20210502-1.png


出版社 : PHP研究所 (2021/5/12)
発売日 : 2021/5/12
http://www.amazon.co.jp/dp/4569901212/ref=nosim?tag=kaoru-22


戦国最後の姫として、生まれた定め――
時代に翻弄され、いわれなき悪名を浴びながらも凛として生きた千姫の生涯を鮮やかに描く、著者渾身の歴史ロマン!

徳川家康の孫で、二代将軍・秀忠の娘、千姫。天下の泰平のため、幼くして大坂の豊臣秀頼のもとへ嫁ぐが、徳川、豊臣の争いを止めることはできなかった。
そして大坂城落城。
その後、再嫁した本多忠刻の愛に包まれて穏やかな日々が訪れたかに思えたが、豊臣の影がどこまでもつきまとう……。
動乱の時代における“姫"という存在の悲哀を、千姫の波瀾の生涯を通して描き切った著者渾身の長編小説。


2021年12月オペラ上演決定! (「アクリエひめじ」オープン記念公演)
https://himeji-culture.jp/hall_event/4293









posted by 管理人 at 11:39 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸大学の入学式で、記念講演

4/7、神戸大学の入学式で、記念講演をさせていただきました。
昨年はコロナで中止となったので、今年、開催できて何よりでした。
全学部の新入生に送る話は「船出せよ 神戸は海で始まる物語」。
皆様の新しい船出に立ち会えて、光栄でした。


20210408.png

神戸大学
https://www.kobe-u.ac.jp/





posted by 管理人 at 11:13 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お知らせ:大臣表彰

昨年10月に文科省より教育分野で表彰していただきましたが、なんと、年が明けて2度目、今度は文化のジャンルで表彰していただきました。
大臣表彰は、一気にダブルの表彰です。

IMG_3567.jpg

IMG_3568.jpg

(写真は、表彰状と、副賞の金杯、朱杯)

皆様の変わりない応援の賜物と感謝申し上げます。

もっとも、いずれも表彰式はコロナ禍で緊急事態宣言下のため中止。
京都に移転した文化庁を訪問できるのを楽しみにしていましたが、残念です。
せめてホームページで祝ってくださいませ。

ちなみに、兵庫県の功労者表彰と合わせ、トリプル表彰となりました。これを励みに、自分の道にまた邁進してまいりますので、今後もどうぞよろしくお願いします。





posted by 管理人 at 09:53 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「オンキョー世界点字作文コンクール」の講評

私、玉岡かおるが選考委員をしている「オンキョー世界点字作文コンクール」の講評がアップされています。





---------------------
オンキヨー株式会社と毎日新聞社 点字毎日は、人と人を結ぶぬくもりをより身近に感じておられる視覚障害者の世界に、点字と音声の懸け橋をしっかり築きたいという願いから、2003年に「点字作文コンクール」を創設しました。
2011年からは「オンキヨー世界点字作文コンクール」とその名を変更、2012年には公益財団法人「日本教育科学研究所」が主催に加わって、毎年開催しています。

第18回オンキヨー世界点字作文コンクール入選作品
https://onkyo.com/tenjisakubun/





posted by 管理人 at 10:45 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月9日 トークライブ・バーチャルカフェ SESSION

バーチャルカフェ SESSION は
毎月、さまざまなジャンルで活躍する
本日のマスターと共に
おうちに居ながら、コーヒーでも飲みながら
過去を思い出し、未来を目指し、現在を考える
参加者の皆さまと大切な時を共有する
オンライン飲みプログラムです

20210205.jpg

玉岡かおるは、2月9日、「本日のマスター」になります。

---------------------
コロナで海外へ自由に行き来出来ないと言って嘆くなかれ。こんなときこそピンチをチャンスに!ドメスティックに楽しむことで、母なる国のぬくもりとこの国に暮らす誇りをも取り戻す時間ができたということかもしれません。2月9日(火)のトークライブ(バーチャルカフェセッション)のゲストは小説家の玉岡かおるさんです。玉岡さんは歴史に埋もれた声なき声や記憶の断片に光を当てながら、長編の歴史小説を編まれる女流の名手。舞台化され、TVドラマ化された華やかなご活躍の陰で、執筆のために自ら全国各地を訪ね歩き、長い時間をかけて綿密な取材と調査にあたられています。書籍に綴られているのは、ほんの一部。隠れたにっぽんの良さ面白さは紙面に収まることがありません。セッションでは千年を紐解く歴史小説家だからこと言いたい、伝えおきたいこの国のすごさをやついさんとの軽妙なトークで繰り広げていただきます。先人たちが丹念に積み上げた文化に通じ、にっぽんを深くいとおしむ玉岡さんならではの”好き”と”推し”をちりばめた90分。ひととき杯を交わし、耳を傾けてみませんか。皆さまのお越しをお待ちしています。
---------------------


毎月第2・4 木曜日 19:00 - 20:30(変更の場合、事前告知)
Zoom アプリを利用したトークライブ + ミーティング
オンライントークライブ(インタビュー形式): 30分
オンラインミーティング(交流会 / 質疑応答): 60分
アーカイブ映像が見放題
参加無料


参加方法などは、https://session.cafe/





posted by 管理人 at 17:37 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

司馬遼太郎記念館 2021年前期連続講演会

2021年前期連続講演会
https://www.shibazaidan.or.jp/event/

各分野の方々が、司馬遼太郎のことからさまざまな話題を展開、縦横に語ります。
まるで対話しているような、小さなホールならではのぜいたくな講演会にぜひご参加ください。

【前期の講演会日程】
4月10日(土) 通崎睦美氏(音楽家、文筆家)
       演題:「着こなすアート ― アンティーク着物の世界」
5月15日(土) 小泉堯史氏(映画監督)
       演題:「映画『峠 ― 最後のサムライ』を撮って」

6月5日(土)  玉岡かおる氏(作家)
       演題:「司馬遼太郎文学と私 ― 戦国・播磨・北前船」


いずれも午後2時から

【場 所】記念館ホール

【参加費】一般=7500円、友の会会員=6750円
(いずれも入館料を含みます。単独の聴講券はありません)

【定 員】80名(コロナ感染症拡大防止のため、座席を減らしています)

【申込】必要

【申し込み方法】
電話またはFAX(住所、氏名、電話番号、友の会会員の方は会員番号を明記)で事務局まで

【お申し込み・お問い合わせ】
〒577-0803 大阪府東大阪市下小阪3丁目11-18
TEL:06-6726-3860  FAX:06-6726-3856

【お願い】会場は密を避け、消毒、換気などコロナ対策を取ります。お客様もマスク着用、手指消毒などご協力をお願いします。


司馬遼太郎記念館
https://www.shibazaidan.or.jp/





posted by 管理人 at 17:31 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫県功労者表彰と大臣表彰

令和2年度兵庫県功労者表彰において、県勢高揚功労者として表彰いただくことになりました。
長く兵庫県民として兵庫県で自分の仕事を貫いてきたご褒美かなと、うれしく受け止めております。
ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

20201105-1.png




兵庫県功労者表彰と、もう一丁、合わせてダブル表彰となりました。
こちらは大臣表彰で、日本国家の金杯つきです。
文部科学省から、地方教育行政に尽力したことに対し表彰していただきました。
兵庫県教育委員2期8年、任期満了です。
こちらの表彰式はコロナ下を配慮し中止となりましたが、たくさんのお祝いメッセージありがとうございました。

20201106-2.png





posted by 管理人 at 17:37 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【NHK文化センター】にっぽん聖地巡拝の旅 〜11/1(日)〜

【NHK文化センター】にっぽん聖地巡拝の旅 〜11/1(日)〜

コロナで延期になっていた講義を再開することにしました。
少人数ですが、やることに意義があるかなと。
すっかり出不精になったので、気合い入れないとなかなかです。

実際の講義室には、20人限定。
ほかに、zoom配信によるオンライン講義があります。
zoom初めての方にもワンコイン入門講座がありますので、ぜひこの機会に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関西人の目で見る“神々の天下統一”。西日本に降臨した神や仏はどのように日本全体へと広がり浸透していったのか。神仏による東征の跡をたどり、日本の精神文化の統一の歴史を探ります。
この度『にっぽん聖地巡拝の旅 あずま下り編』(出版:大法輪閣)を上梓された玉岡かおるさんが、その執筆秘話を交えて語ります。

●教室での講義
教室名 梅田教室
残 席 あります
開催期間 11/1 日曜 13:30〜15:00
回 数 1回
受講料(税込み)
会員 3,432円
一般(入会不要) 4,125円
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1143939.html

●オンラインでの講義
11/1 日曜 13:30〜15:00
会員/一般(入会不要) 3,300円
必要な物
PC、タブレット(LANケーブルもしくはwi-fiに接続し、通信環境の良いところから参加してください)
イヤホン
ビデオ会議ツールZoomアプリ(インストール方法は「オンライン講座受講前の準備」ページをご覧ください。)
https://www.nhk-cul.co.jp/misc/onlinecourse_guide/


20200919-1.png

コロナ対策として、密にならないようにこんな教室で机には一人ずつ、合計で20人です。
20200929-2.jpg





posted by 管理人 at 10:44 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朗読「神戸ハートブレイクストリート」

河上幸恵(かわかみ・ゆきえ)さんが、自身のピアノ演奏にのせて、玉岡かおるの「神戸ハートブレイクストリート」を朗読して下さっています。河上幸恵さんは、日本テレビ系「スター誕生!」で第36代チャンピオンに輝いて鮮烈なデビューを飾り、歌に、ドラマに、バラエティにと活躍していたが、これからというときに、わずか4年で芸能活動を引退。その後はメディアの世界からも遠ざかっていた、『伝説のアイドル』です。2019年春、実に32年ぶりに、電撃的に登場。ラジオ関西、火曜日朝の新たな顔として、その美声を電波に乗せていらっしゃいます。



ぜひ、お聞き下さい。


●神戸ハートブレイクストリート【風のわたる橋】
https://youtu.be/cRYUAmXW3Q4

●神戸ハートブレイクストリート【その靴を履いていく日】
https://youtu.be/MoenIeQeK1g



Yukie Channel
https://www.youtube.com/channel/UCqWtGhCuRrzbmQPyXEKnJVg

河上幸恵さんの公式ブログ
https://ameblo.jp/yukie-kawakami/

ラジオ関西「河上幸恵のモーニングコール」
https://jocr.jp/programsite/yukie/







posted by 管理人 at 15:55 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉岡かおるの登大路・往来記 エッセイ第16回

玉岡かおるの登大路・往来記
エッセイ第16回が掲載されました。

第16回 初春
失われた宝をいま一度
法隆寺・金堂の焼損壁画
https://noborioji.com/enjoy/essay/essay/16





posted by 管理人 at 15:36 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベントの中止について

新型コロナ感染症対策のため、玉岡かおる関連のイベントも中止が相次いでおります。

4月17日に予定されていた神戸喜楽館での「喜楽館カツベン祭り」
4月25日に予定されていたNHK文化センター梅田教室での「にっぽん聖地巡拝の旅 にし・ひがし」
4月25日に予定されていた天満天神繁盛亭での天神寄席4月席「にっぽんの聖地」
上記イベントはそれぞれ中止が決定しています。
前売りチケットの払戻等はそれぞれの主催者のホームページでご確認下さい。

神戸喜楽館 https://kobe-kirakukan.jp/
NHK文化センター https://www.nhk-cul.co.jp/
天満天神繁盛亭 https://www.hanjotei.jp/





posted by 管理人 at 17:11 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「花になるらん」文庫化

「花になるらん」が文庫化されました。3月28日発売


花になるらん ―明治おんな繁盛記 (新潮文庫)

20200328-3.jpg

amazonで購入





posted by 管理人 at 14:02 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉岡かおる Kindle版著作リンク

玉岡かおるのKindle本のリンクです。


クォーター・ムーン(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHW2BH5/kaoru-22/ref=nosim/

黒真珠 Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHQB4GK/kaoru-22/ref=nosim/

捨て色 (角川文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BOFA54U/kaoru-22/ref=nosim/

なみだ蟹のムーンライト・チアーズ(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHXFFK4/kaoru-22/ref=nosim/

自分道 自分をつらぬき歴史を作った女たち (角川SSC新書) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00JRU5GV2/kaoru-22/ref=nosim/

をんな紋 まろびだす川 (角川文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BOFA3HY/kaoru-22/ref=nosim/

をんな紋 はしりぬける川 (角川文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BOFA2RK/kaoru-22/ref=nosim/

をんな紋 あふれやまぬ川 (角川文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01BOFA31K/kaoru-22/ref=nosim/

をんな紋 (全3巻) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0799JJ8VV/kaoru-22/ref=nosim/

虹、つどうべし 別所一族ご無念御留 (幻冬舎時代小説文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01N55G05M/kaoru-22/ref=nosim/

花になるらん―明治おんな繁盛記― Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B079YL8WXT/kaoru-22/ref=nosim/

タカラジェンヌの太平洋戦争(新潮新書) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00ASUY1Z2/kaoru-22/ref=nosim/

ラスト・ラヴ Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHGPJ5C/kaoru-22/ref=nosim/

銀のみち一条(上)(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LQ18NC8/kaoru-22/ref=nosim/

銀のみち一条(下)(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LQ18O2W/kaoru-22/ref=nosim/

夢食い魚のブルー・グッドバイ(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHX6VWY/kaoru-22/ref=nosim/

恋をするには遅すぎない (角川文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHX6VWY/kaoru-22/ref=nosim/

天涯の船(上)(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHWWTQV/kaoru-22/ref=nosim/

天涯の船(下)(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHVBPPT/kaoru-22/ref=nosim/

負けんとき(上)―ヴォーリズ満喜子の種まく日々―(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00RKTQ3H8/kaoru-22/ref=nosim/

負けんとき(下)―ヴォーリズ満喜子の種まく日々―(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00RKTQ3IM/kaoru-22/ref=nosim/

お家さん(上)(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LQ18N50/kaoru-22/ref=nosim/

お家さん(下)(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B01LQ18N6Y/kaoru-22/ref=nosim/

サイレント・ラヴ(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B06XHWNZFS/kaoru-22/ref=nosim/

夜明けのウエディングドレス (幻冬舎文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07FW6G176/kaoru-22/ref=nosim/

天平の女帝 孝謙称徳―皇王の遺し文―(新潮文庫) Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07GZNWDW6/kaoru-22/ref=nosim/

姫君の賦 千姫流流 Kindle版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07MMQ2WZG/kaoru-22/ref=nosim/







posted by 管理人 at 21:40 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11月26日 奈良で講演会

講演会
「これからの女性リーダーシップとは 〜奈良時代の女性活躍から学ぶ」

日時:令和元年11月26日(火) 15:00〜16:40(予定)
場所:奈良公園バスターミナルレクチャーホール
料金:無料(申込必要)

主催:奈良商工会議所女性会 生駒商工会議所女性部

申込はFAXもしくは電話にて

20191019-2.jpg

奈良女性商工会議所公園チラシ.pdf





posted by 管理人 at 17:03 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にっぽん聖地巡拝の旅 あずま下り編

前作「にっぽん成長巡拝の旅」の第2作・東日本の聖地をめぐる「あずま下り編」
10/25頃には書店に並びます。



にっぽん聖地巡拝の旅 あずま下り編


出版年月日 2019/11/10
ISBN 9784804614199
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,800円+税
出版社 大法輪閣

日本の神仏の歴史は都〈関西〉から始まった。 ――関西人の目で見る“神々の天下統一” 西日本に降臨した神や仏は、どのように日本全体へと広がり浸透していったのか。再び出発する旅は東へ。神仏による東征の跡をたどり、日本の精神文化の統一の歴史を探る。

20191019-1.jpg





posted by 管理人 at 16:53 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月12日の講演会は中止となりました。

※台風で各交通機関が運休などになるため、中止となりました。

【台風19号接近のため】
10/12(土)の公開講座は順延とさせていただきます。
 順延日については、現在調整中です。
 後日あらためてホームページ等でご案内いたします。
 何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
http://www.minorinosato.com/shimindaigaku/


はびきの市民大学公開講座
「いまを生きる古代史」

玉岡かおる氏の代表作「天平の女帝 孝謙称徳」、作中で描かれている女帝の父は、聖武天皇、母は藤原氏出身で皇后となった光明皇后。光明皇后の母、橘美千代は、現羽曳野市出身である。このことから、作者玉岡かおる氏を語り手に迎え、南河内地域の「歴史」や「人材」などの話題を交えながら、この地域の歴史(古代史)について語っていただきます。
聞き手は、はびきの市民大学学長河内厚郎です。
第43回ユネスコ世界文化遺産に「百舌鳥・古市古墳群」が登録されたことを記念した講演です。






posted by 管理人 at 16:35 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする