News(玉岡かおる公式サイト)

最新刊「花になるらん 明治おんな繁盛記」
京都の呉服商「高倉屋」のご寮人さん・みやび。女だてらに積極的に商売を拡げ、動乱の幕末から明治を生き抜いた女性の波瀾の人生を描く大河長篇。

『姫君の賦 千姫流流』文庫化されました。

『姫君の賦 千姫流流』がPHP文芸文庫として5月12日に発売さます。

20210502-1.png


出版社 : PHP研究所 (2021/5/12)
発売日 : 2021/5/12
http://www.amazon.co.jp/dp/4569901212/ref=nosim?tag=kaoru-22


戦国最後の姫として、生まれた定め――
時代に翻弄され、いわれなき悪名を浴びながらも凛として生きた千姫の生涯を鮮やかに描く、著者渾身の歴史ロマン!

徳川家康の孫で、二代将軍・秀忠の娘、千姫。天下の泰平のため、幼くして大坂の豊臣秀頼のもとへ嫁ぐが、徳川、豊臣の争いを止めることはできなかった。
そして大坂城落城。
その後、再嫁した本多忠刻の愛に包まれて穏やかな日々が訪れたかに思えたが、豊臣の影がどこまでもつきまとう……。
動乱の時代における“姫"という存在の悲哀を、千姫の波瀾の生涯を通して描き切った著者渾身の長編小説。


2021年12月オペラ上演決定! (「アクリエひめじ」オープン記念公演)
https://himeji-culture.jp/hall_event/4293









posted by 管理人 at 11:39 | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする